今、心惹かれるのは「ナチュラルでオーガニック」な素材。そして、日本の手わざをいかした「メイド・イン・ジャパン」。バーミキュラが提案するのは、そんな時代の気分を映したキッチンアイテムシリーズです。
キッチンアイテムシリーズ第三弾は、オーガニックコットン100%のキャンバス地を使った保温カバー「ヒートキーパー」と鍋つかみ「ポットホルダー」。オーガニックコットンの糸で織り上げた丈夫な生地を、熟練の職人がひとつひとつ仕上げたアイテムです。手触りの心地よさと可愛らしいデザインで、キッチンでも食卓でも大活躍。料理の幅と楽しみを大きく広げてくれるはずです。
  • オンラインショップ
  • 出汁がじんわり浸みこんだアツアツおでんや、プロの調理法“低温ロースト”でつくるジューシーなローストビーフ、茶碗蒸しやなめらかプリンなどのスチーム料理まで。抜群の保温性を誇る「ヒートキーパー」があれば、料理のバリエーションが驚くほどに広がります。バーミキュラで加熱した料理を鍋ごとヒートキーパーに入れておくだけで、高温の状態を長時間キープ。この特別な保温性能を利用して、直火ともオーブンとも違う加熱調理ができるのです。つまり、ヒートキーパーは“新しい調理器”。バーミキュラとあわせて使うことで、家庭のキッチンでは難しいと思われていた高度な調理や失敗しがちな蒸し料理も、簡単に上手に楽しめます。もちろん、できあがった料理の保温や、ライスポットで炊いたご飯も、2時間おいしく保温します。

    「ヒートキーパー」の大きな魅力は、なんといってもその高い保温性です。100℃に沸かしたお湯を保温カバーに入れて3時間置いた場合、もともと保温性の高いバーミキュラでも48℃まで下がったのに対して、ヒートキーパーに入れた場合78℃をキープ!この保温性を利用することで、料理中の加熱時間を大幅に短縮することが可能です。たとえば豚の角煮などは、加熱後の鍋をヒートキーパーに入れておくだけで、肉の内部まで徐々に柔らかくなるのです。ゆえに、本来は長時間の加熱を必要とする煮込み料理も、火にかける時間を約1/3まで短くできる。ガスや電気などエネルギーの節約にもつながります。また、ヒートキーパーに入れている最中に調理が進むため、その間にほかの家事ができるのもうれしい点。目を離していても安心なうえ、保温調理の間はコンロの火口がひとつ空くのもメリットです。


    両手鍋バーミキュラの取っ手は、「女性の手でも持ちやすく、中に料理が入った状態でも軽く感じる」と好評のダブルハンドル。「ポットホルダー」は、そのダブルハンドルがぴったり収まるオリジナルの鍋つかみです。ふっくら・小ぶりな半円形で、愛着のもてる可愛らしいデザイン。蓋のつまみを持つ時になどに便利な簡易ミトンとしても使えます。手をすっぽり入れるスタイルのミトンと違い、付け外しの手間がないのが特徴。料理中でも片手ですっと取って、気軽に使うことができるのです。生地はベージュ、ピンク、グリーン、チャコールグレーの4色。どれもナチュラルで優しい色合いです。引っ掛けて吊るしたり、立たせたりすることもできるので、邪魔にならないのもうれしい。キッチンの名わき役として日々重宝するはずです。



    優しい風合いの保温カバーと鍋つかみは、ともにオーガニックコットン100%のキャンバス地製。化学農薬や化学肥料を使わずに栽培したオーガニックコットンの糸を用い、日本の職人が時間をかけて織り上げています。また、生地と生地の間には分厚い中綿を挟み入れて保温性能と断熱性をアップ。ミシンの使えないディテール部分は手で縫い合わせるなど、いっさいの手間を惜しまず丁寧に仕上げられているのです。保温カバーも鍋つかみもオーガニックコットンならではのやさしい触り心地ですが、使い勝手のよさもまた魅力。キャンバス地なので自宅で簡単に洗えるほか、美しく収納するための工夫もいろいろほどこされています。たとえばヒートキーパーの底についているフラップ。このフラップをボタン留めすることで全体がスリムにまとまり、引き出しや棚にもすっきり収まるのです。
  • オンラインショップ